道南バスについて

運輸安全マネジメントSafety Guidelines

道南バスの『運輸安全マネジメント』取り組みについて

 「輸送の安全性を確保すること」は、旅客運送事業の原点であり、責務でもあります。
 輸送の安全を確保するため、事業運営の自律的・継続的な実現と見直し改善を加え、取り組んでおります。

1. 輸送の安全に関する基本方針

『安全・正確・快適な安全輸送の実践と保持』

「安全」が最優先であることを全社員に意識付けし、社内の積極的な意思疎通と、 計画・実施・評価・改善(PDCA)を確実に実施する中で創意工夫により輸送の安全のレベルアップを図ります。

2.輸送の安全に関する目標・計画及びその達成状況・安全確保に関する措置

 当社は、お客様に「輸送の安全」を確実に提供すべく、 下記の通り実施する目標・計画を定め、 その実現に向けて努力いたします。

25年度 事故防止の重点施策と目標

年間重点目標

 

追突事故の完全追放

笑顔で「ありがとうございます」の声掛けの徹底

平成28年度 第3期事故防止  平成28年10月1日~平成28年12月31日(92日間)

スローガン << 私はプロです。安全確認徹底、油断と過信が事故のもと! >>
重点目標

1.自車周囲の安全確認と防衛運転の徹底
2.後退時の安全確認の徹底
3.初冬期の事故防止、路面状況の完全把握と車間保持

管理目標

A.安全講習会・教育指導の完全実施

  ※PDCAサイクル活用

 

 

目標達成状況

平成28年度第3期(平成28年12月28日現在)の有責事故は12件で前年比4件の増加となっており、原因別では路面状況把握不適が6件(スリップ事故)、後退時の安全確認不適が3件、自車周囲の安全確認不適が2件、基本作業手順の確認不足が1件となっております。

 

【平成28年度4期の取組み】

 

25年度 事故防止の重点施策と目標

年間重点目標

 

■≪笑顔で『お気をつけて』の声かけの徹底≫

■≪追突事故の完全追放≫

平成28年度 第4期事故防止  平成29年1月1日~平成29年3月31日(90日間)
スローガン << 冬道が滑るのは、あたりまえ!スピードダウンでスリップ・冬型事故防止>>
重点目標

A.冬道の路面状況の完全把握と車間保持
B.スピードダウンの徹底
C.後退時の安全確認の徹底

管理目標

A.天候、道路状況の的確な運行指示の徹底

 

運動名 実施期間 運動の重点目標
春の全国交通安全運動 4/6 ~ 4/15 ・子どもと高齢者の交通事故防止

・自転車乗用中の交通事故防止

・スピードの出し過ぎ防止

・全ての座席のシートベルト・チャイルドシートの正しい着用

・飲酒運転の根絶

夏の全国交通安全運動 7/11 ~ 7/20 ・子どもと高齢者の交通事故防止

・二輪車・自転車乗用中の交通事故防止

・全ての座席のシートベルト・チャイルドシートの正しい着用

・交差点の交通事故防止

秋の全国交通安全運動

飲酒運転防止週間

9/21 ~ 9/30 ・高齢者の交通事故防止

・夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止

・全ての座席のシートベルト・チャイルドシートの正しい着用

・飲酒運転の根絶

冬の全国交通安全運動 11/11 ~ 11/20 ・高齢者の交通事故防止

・夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止

・凍結路面等のスリップ事故の防止

・交差点の交通事故防止

・飲酒運転の根絶

年末年始の輸送等に

関する安全総点検

12/10 ~ 翌1/10 ・安全管理体制の確保

・飲酒運転を防止するための体制整備

・気象情報収集、伝達体制の整備

・車両の日常点検整備、定期点検整備の実施

 

28年度具体的な取組み

1. 既存の運行チャート、乗務日報、タコメーターの活用及びその後方管理

2. ドライブレコーダーの導入及びその後方管理

3. 安全関連対策費用(平成27年度実績)

連続運転記録型ドライブレコーダー導入 12,920千円(68台)

4. 労使による事故防止対策会議の実施(年4回実施)

(第1期) 平成28年 4月上旬

(第2期) 平成28年 7月上旬

(第3期) 平成28年 10月上旬

(第4期) 平成29年 1月上旬

5. 役員・管理者による各営業所の早朝点呼の実施・査察 (年4回実施)

6. 運行管理者、運行管理補助者研修の実施 (年2回実施)

7. 全営業所職場集会の実施 (月1回実施)

8. 営業所内意見交換研修会 (月1回実施)

9. 内部監査の実施と是正措置 (整備:月1回実施)

(全般:年2回実施)

10. 薬物検査の実施 (年1回実施、全社員対象)

上記、4 ~ 10については別紙輸送の安全に関する計画表の通り。

その他

 

 構内事故防止に付いて

一、構内は徐行運転(8キロ以下)

一、走行順路は守る

一、一時停止ラインでは、必ず一時停止

一、構内(駐車場)では他者、歩行者、自転車などに注意し格納、出庫を行う

一、バックの時は人の歩く速度(時速4キロ)で進行、確認はミラーと目視の両方で

上記で挙げた事故防止のポイントを職場集会・個人指導により、完全周知を図り、 併せてワンコール運動の完全実施により、構内事故防止を図る。

3.自動車事故報告規則第2条(重大事故)の規定による事故件数

3.自動車事故報告規制第2条(重大事故)の規定による事故件数  0件     

 第3期事故件数

平成28年度第3期(平成28年12月28日現在)の有責事故は12件で前年比4件の増加となっております。原因別では、路面状況の把握不適が6件(スリップ事故)、後退時の安全確認不適が3件、自車周囲安全確認不適が2件、基本作業手順の確認不足が1件となっております。

7月 8月 9月

合計

平成27年度 3 2 3

8

平成28年度 2

5

5 12
前年増減 -1 3 2 4

4.輸送の安全に関する連絡体制

緊急連絡体制→【PDF】

輸送の安全に関する計画表→【PDF】

5.安全管理規程

ご参照下さい→【PDF】

6.安全統括管理者

営業部長 木村 徹也